スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終話 ナンクルナイサ(BLOOD+)

ずっと見てきたBLOOD+が終わっちゃいました。
最終回までの一週間、ぼんやり思い出すこともあり、やっぱり結構長い間毎週欠かさず見てきたから、それなりに思い出みたいなのもあるんだなと、不思議な感じでした(笑)

ネタバレ含むので、以下続きをクリックしてくださいまし。
一週間の間に振り返ったことは、結局、アンシェル兄さん(せっかく中田さんなのにっ)が一番悪くて、悪くて、悪の権化だったんだなってとこに尽きるんだということでした。

だよな、ディーヴァも優しく育てられてたら小夜みたいになっただろうにな。

だから、カイに育てられた小さなディーヴァたちはきっとずっと幸せに育つだろうなと思った。

ハジ、良かったよ、ほんとに気持ち、言えてよかったな。
望んでたとおりの最後で、不覚にもほろりとした。
やっぱりハッピーエンドじゃなくっちゃ!!!(←ハッピーエンドしか基本的に見ない人)

ええーーっと、数学が小学生にも負けちゃうくらいできないので、今度サヤが目覚めた時、ちっちゃなディーヴァたちは眠っちゃってるんじゃないかと単純に心配した。
そうなのか? ええーーっと、成長期はある程度まで眠らないのか?? 疑問です。

しかして、次に目覚めた時は、ハジと世界一周を楽しめるね、良かった良かった。
ネイサンもタフだな。どうゆう機構なんだろう。ともかく、守り神みたいに、長生きしてねー!

続編あったらいいな…ぼそ。
小さなディーヴァの片方が悪いやつらに誘惑されて、またアンシェルみたいなヤツに利用されちゃうような話。
それで、みんなでまたがんばる話。


あ!! ハジコレの、忠犬ハジ公がかわいくって仕方がありませんっ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : BLOOD+
ジャンル : アニメ・コミック

Comment

終わっちゃったよ~~~。
なんか、ちょっとがっくり着ちゃったよ。
愛着わきすぎ??

うんうん。僕もすごく理想的なエンディングだった。
満足でしたよっ。

ソロモン…、うーん。成り行きまでは良かったんだが…。あの最後のシーンが、アンシェルの前っていうのは……うーん。原点回帰というよりも。うーん。ドリームにかけてたなというのは個人的意見です…。

寂しかったので、ロシアンローズを読み始めました。
べろんべろんな、ハジサヤでした(笑)。
いや、これも有り。甘いです。

僕も声を大にして続編きぼーーーー!!

終わっちゃったね。寂しいよ~(TдT)
でも最後は納得の行く結果だったな。
ああまた「小夜とハジ+子供たちの物語は続ていく」みたいで。

ソロモンがあんな結末だったのは嫌だけど、ストーリーの展開上仕方がないしね。ソロ小夜は妄想の中で生きます☆(苦笑)

私も続編希望ー!!
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナンクルナイサ

Episode-50「ナンクルナイサ」脚本:藤咲淳一 絵コンテ:松本淳 演出:松本淳 作画監督:石井明治・小村方宏治繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜は、刀を構えゆっくりと切っ先を上げていく。その頃、米軍の手に因り、翼手
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール



□■□基本HP□■□
□■□写真BLOG□■□
□■□プロフィール□■□

最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
りんくりすと
お気に入り♪
フリーエリア















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。